読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガラニカップ

ヴァンガードの青国家メガラニカについて駄文をつらつら

グランブルーのFV達

フラゲ組によってグランブルーのプールも全て出揃ったので、改めて構築を見直しております。

その過程でFV候補達を改めて考察して構築の幅を広げてみようと思います。

個々のFVをみる前にFV候補全体としてGB持ちはリンクの起点にされやすく、特にカオスはG3にライドした時点で後列を呪縛して起点を作り、そのままフォトンで前列呪縛にまで繋げて悪さしてきます。
更に、刃華環境で再度増えてくる撃退やレジェンドデッキで台頭するであろうかげろうにも焼かれやすいということは頭に入れておきたいです。

そのリスクを背負ってでも採用されているGB持ちFVとして
・クロノドラン
・ネオンメサイア
・ミーリウス
・アンドレイ etc...
場に残った場合、コンボの起点になったりアドバンテージがそのまま殺傷力に繋がるカードが多いです。
今のところグランブルーには上記ほどのパワーカードが存在しないのが悩み所であり、考える楽しさとも言えるかもしれません。


では個々の評価にいきたいと思います。


●開かずの間のバンシー
★★☆☆☆
刃華にて収録されるFV。
GB1CB1ソウルinで亡霊限定でドロップに落とすことができる。
デッキ圧縮力はダントツではあるが、ナイトローゼではタイミングが遅く蘇生対象を増やすことができず、更におばだいあの存在もあって優先度は低め。


●案内するゾンビ
★★★★☆
自分が最も推してるFV候補。
コイツ自体はさほど強いカードではないのですが、「CBを使わず、ソウルに入る」という唯一のグランブルーFVであり、ターン始めに使えるコスト=展開力・攻撃力になる刃華グランブルーにおいてはそれだけでも大きな魅力なので高評価。


●お化けのピーター
★★★☆☆
今までグランブルーを支えてきた優秀なFV。
G2ターンに効果を使いカットラスでそのままソウルから吐き出し、初回超越おばだいあで再度使いまわすといった手札アドを堅実に増やすコンボが可能。
カウンター・ソウル共にファイト中のコスト管理は難しくなるが、メインにグルナッシュ投入で決して不可能ではないので3点。


●駆け出し海賊ピノ・グリ
★☆☆☆☆
Vが双闘していれば自身ソウルinするだけで蘇生することができるFV。
グランブルーにおいてデッキアウト死は珍しいことではないため、双闘を積むことも選択肢としては存在し、「スケルトンの砲撃手」に繋げれば馬鹿にできないアドを稼げるので悪くはないです。
しかしどうしても双闘を指定している都合上、使える場面・構築が限定されてしまうため1点。


●キャプテン・ナイトキッド
☆☆☆☆☆
唯一グランブルーでスリーブが存在するカード。
効果自体はCB1を払ってまでのメリットを感じず、どの軸でも他に優先するFVが存在します。


●死せざる死者グルナッシュ
★★★☆☆
TD収録の過労死G0。
ナイトローゼではおばだいあの存在でFVよりはメインデッキの方が活躍が見込めますが、七海や他軸ではFV候補としては魅力的なので3点。


●七海見習いナイトランナー
☆☆☆☆☆
f:id:peripery:20160218114001j:plain

刃華超克での新規七海用FVカード。
控え目に言っても役に立つ場面が全く存在しないので不要です。
ナイトキッドよりも役に立たない「なんで作ったカードナンバーワン」といっても差し支えないと思います。


●スケルトンの切り込み隊長
★☆☆☆☆
いわゆるシズク互換。
はじめようセットにて新規イラストで再録されたカード。
正直今の環境でパワー4000のシズク互換は個人的に使いたくないので評価低めでこの点数。


個々の評価は以上です。
最後になりますが、ここまで点数付けておいて今更何言ってんだよって感じなのですが、刃華のグランブルーは突出して強いFVが存在しないので構築によって大きくFVに変化が出てくるものだと思っています。
例えば私が初期にブログに載せた七海の構築だと、基本的に毎ターン超越コストのCB1のみ使って☆捲ってゴリラするだけなのでグルナッシュを採用していません。
しかし、後に載せた連パンを意識した構築では毎ターンCB2は必ず使いたいのでリプレースコール(漫画で櫂君が言ってた上書きのお洒落な言い方)して墓地に置いてでも愛されナイトミストで蘇生しておきたいです。
他にもピノ・グリはノーコスト蘇生ということでノワールボルトの双闘軸であれば採用優先度は上がります。
そんな感じであくまで一つの指標くらいに思って頂ければ幸いです。